Olympus OM-1のこと

Olympus OM-1のこと 外観
 
以前カメラのキタムラでOlympus PEN EE-2を中古で購入した時、一緒に店先に並んでいた時からかっこいいなーと思っていた。
でも重さもありその時は購入しなかったのだが、ダンナはとても気になっていたようだ。いつしかそれも売れてしまったようで買えなかったので、しばらく経ってヤフオクで購入した。

OM-D E-5とよく似ているがかっこよさではOM-1の方がかっこいいと思う。露出計を使わず、完全マニュアルならば電池要らずという機械式なところも良い。

とはいえ、レンズ込みで整備済みのものは3万円くらいする。高い。
だから「この機種にはプリズムの腐食が見られる」というのを調べてあったので少なそうな、しかもレンズつきのものをヤフオクで購入することにした。

ついていたレンズはF.ZUIKO 50mm F1.8というもの。同じ画角でF1.4というのものあるけれど結構高いらしいので、完全サブ機な私にはこちらで十分だろう。

ただ、ヤフオクかなりリスキーな買い物だったようで、まぁプリズムは多少気になるくらいですんだけれど、レンズがびっくりするくらいホコリだらけ。見てすぐたくさんある。しかも届いた箱を開けた瞬間に尋常じゃなくただようタバコ臭。保存状態に不安を覚える。

レンズもマニュアルで、ぼやけた像をくっきりに見えるように鏡胴をまわしながら合わせていく方式。この方法はFUJIFILM X-E2のデジタルスプリットという方式で知っていたのでなじみやすかった。もちろんシビアに合わせていくのは難しそうだけど。

そして完全マニュアルにも最初戸惑う。テキトーにF値とシャッタースピードを合わせるが、撮れている気がしない。そこでスマホに無料の露出計を入れてみると全然テキトー過ぎたことが発覚。でもこの方法で撮影したら、ちゃんと写るものが撮れた。(それ以前に撮影したものはまっくろ)

フィルムは練習用に安価なKodak SUPER GOLD 400を入れた。日中の屋外だとだいたい1/250くらいでF1.8~2.8(手元にないから数字テキトー)、屋内だとF1.8と1/125くらいにしたら失敗していなかった。

撮ってみると意外とキレイ。ホコリまみれなレンズなのに。
Olympus OM-1のこと レンズのホコリの割りには意外とキレイな写り

とはいえ、レンズのホコリは写欲をなえさせる。
こういうフィルムカメラは時が経てば経つほど修理も難しくなってくるだろうと思い、Olympus PEN EE-2とともに沖縄の業者さんに修理に出すことにした。
年度をはさんだからか、東京から宅急便で届くのに6日もかかってしまった。却って値が張ったけれど愛着を持って使っていきたい。

(2014.5.31 22:20 追記)
修理完了しました!詳しくはこちら

関連記事:
OLYMPUS PEN買いました♪
OLYNPUS PEN EE-2 撮影距離に要注意!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA