FUJIFILM X-T20 購入

富士フイルムのX-T20を購入した。

その記事はこちら → 

決め手は
1.AF-Cカスタム設定のSET4「急に現れる被写体向け」の設定がすごい!
お店で販売員さんに教えてもらった機能。最近X-E2でのピントが外れている失敗が増えてきた。
子供の表情はかわいく撮れているのに、背景にピントが合っていて肝心の子供の顔がぼやけていたり。

じっくり撮れればよいが子連れでじっと構えてピントを狙うのが難しくなってきたのでとても便利だと思った。
お店でカメラを横に動かしながら試してみた時に感動した。
これはX-E2のパフォーマンスモードを知った時の感動に匹敵した。

2.連写モードの選択のしやすさ
じっくり撮れないので数で勝負したい時に連写で撮りたいと思っても、ドライブから画面を見ながら選んでいるとシャッターチャンスをのがすこともしばしば。
この機種は上部のダイヤルで「S」→「CH」をくるっと回すだけ。しかも連写そのものが速い。

3.タッチパネルAF
とにかくピントずれが悩みなので、自分の意図しないAFポイントになったら選べるのはやはり便利。
エリアでのAFの選択もできるので便利そう。

4.オート撮影機能があり、自分以外の人にも撮影を頼みやすい
夫にも気軽に頼めるがよい。X-E2は難しいから嫌と言われていた。
(実際、これならできそうと嫌がらずに撮ってくれるようになった)

5.X-E3にはない機能にひかれた(チルト画面、物理ボタンでの操作など)

そんなことでやはりこのカメラしかない!と思ったのである。
(ちなみにX-T2、X-PRO2は高い&重いので、私的にはもともと想定外)

ヨドバシカメラでポイントを加味して価格.comの最安価格並みに値引きしてくれるということで販売員さんに交渉、と思ったらすでに値札がその値段以下でびっくり。
予定通りに黒色のボディのみを購入しようとしたら、その日の午前中に売れて在庫がなくなってしまったとのこと。別に急いでいなかったので取り寄せてもらうことにしたら、お詫びということでさらに3,000円値引きしてくれた。
結果、94,460円(ポイント10%)で購入。10万切る値段で買えるとは嬉しかった。
ちなみにamazonでは以下のお値段。

ヨドバシではそのほかに以下のフィルムも購入。別途540円必要だけど貼り付けサービスでプロにきれいに貼ってもらった。

ストラップは今回も大阪のAcruを購入。
納品は3週間後なのでまだ手元になくそれまではX-E2に使っていたものをつけることにした。

帰宅して箱を開ける。
FUJIFILM_X-T20_付属品
ストラップの三角リングとカバーが初めからついていた。

FUJIFILM_X-T20_ボディ

電池はNP-W126Sと新しくSがついた。公式HPによると以前のものとも互換があり、使用時間がながくなったとのこと。

充電器はこれで3台目(苦笑)

レンズをつけてみた。
XF27mmのパンケーキレンズ。
本体が黒なのにシルバーが似合わない??でも買い替えるのももったいなのでこの組み合わせで。
FUJIFILM_X-T20_XF27mmF2.8

XF18-55mmの標準ズーム。
本体に対して年季が入ってる。
FUJIFILM_X-T20_XF18-55mmF2.8-4

早速撮影してきたのでそれはまた次の記事で載せようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA