技術士金属部門(H26)の必須問題16

炭素鋼を大気中で800Kで酸化した。次のうち、炭素鋼表面から形成される酸化物の順番として、最も適切なものはどれか。
1) 炭素鋼/FeO/Fe3O4/Fe2O3/空気
2) 炭素鋼/Fe2O3/Fe3O4/FeO/空気
3) 炭素鋼/Fe3O4/Fe2O3/空気
4) 炭素鋼/Fe2O3/Fe3O4/空気
5) 炭素鋼/FeO/Fe3O4/空気
技術士試験第二次試験 金属部門 平成26年必須科目より)

FeOは一酸化鉄と呼び、一般的には「白錆」、Fe2O3は三酸化鉄と呼び、一般的には「赤錆」、Fe3O4は四酸化鉄と呼び、一般的には「黒錆」と呼ばれています。

Fe2O3が最も安定な物質で、大気に接する部分はFe2O3になります。選択肢は1)と3)に絞れます。あとは、FeOが単体で存在するかしないかで判断します。FeOは約600℃以下では不安定な物質で、Fe3O4とFeに変化します。答えは、3)になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA