技術士金属部門(H26)の必須問題15

次のめっきのうち、ぶりき板に使用されるものはどれか。
1) 亜鉛めっき
2) アルミニウムめっき
3) すずめっき
4) 金メッキ
5) クロムめっき
技術士試験第二次試験 金属部門 平成26年必須科目より)

鉄板のめっきの俗称に「ぶりき」と「とたん」があり紛らわしいですが、ぶりきは「錫」めっき、とたんは「亜鉛」めっきを指します。答えは3です。

ぶりきは鉄よりも錫が腐蝕し難いことを利用して基材を守りますが、ぶりきは基材に達する傷ができると優先的に基材を腐蝕してしまう欠点があります。

一方で、とたんは鉄よりも亜鉛が腐蝕し易いことを利用して基材(鉄)を守ります。基材に達する傷ができても、めっきが優先的に腐蝕して基材を守ります。とたんは、波型の倉庫や工場の屋根と壁に使われいるめっき鋼板でしたが、最近は住居にも使われるようになり、イメージの悪さを払拭するため「ガルバニウム鋼板」と言い換えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA