技術士第一次試験基礎・適正の勉強方法

技術士試験第一次試験は4つの区分(基礎・適正・共通・専門)があります。私は共通科目は免除要件(所定の学歴)に該当したので試験科目は基礎・適正・専門でした。

一次試験の合否判定基準は、下記を2つを満たす必要があります。
1) 適正は50%以上正解であること
2) 基礎科目および専門科目の各々の得点が40%以上でかつ、合計得点が50%以上であること。

裏を返すと全部できる必要はなく、50%を目安に取れれば合格になります。完璧を目指すのではなく、80%程度解けるようになることを目指して勉強しました。基礎・適正用に使用した問題集は下記の1冊です。2回連続正解だったものは3回目は解かないようにして問題数を減らしながら、出来ない問題を繰り返し解きました。全問題数の80%程度解けるようになったら、基礎と適正問題の勉強を止めて専門に集中しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA